カテゴリ:
運動と言うと、ウォーキングやジョギングとか腹筋などを思い浮かべると思いますよね。で、勢い勇んでやるとなれば1日目は割と張り切りますからテンション高くやれるもの。そして2日目、3日目になると面倒になって「忙しいから」「無理をすると体に負担がかかるし」とかで‥結果的に3日坊主状態になりがちです。

私など運動音痴に加えて疲れると貧血やめまいを起こす危険性があるので、激しい運動はNG。私みたいなタイプ又は続かないと嘆く人に注目して欲しいのが普段の生活習慣です。続かない一番の原因は日常生活に「余分な行動」を捻じ込むから続かないのであって、普段の暮らしに潜む動作を手抜きをせずに取り組む事で立派な運動になるという訳。すなわち、日常の動作とは家事を意味します。そう、家の用事は運動の宝庫なんです。

思い起こせば去年の末に、風邪をこじらせて家事も満足にできない時がありました。食べて薬飲んで寝るか、大人しくしているだけ。これを2~3週間ほどですね。風邪も少しずつ治まったある日にお気に入りのパンツで買い物へ行こうと思い、履こうとしたら‥‥ウエストに脂肪が付いてボタンが全く閉まらない事に大ショックでした。まあ、食っちゃ寝していましたから当たり前っちゃ当たり前。

はっきり言って焦りました。こんなに短期間で脂肪って増えるんだ~って思いましたもの。早速運動開始と始めたのが食後の後片付け。「そんなの当たり前じゃん」と言うなかれ、侮ってはダメです。食後に食器や調理器具の洗い物と台所の掃除をし、洗い済みの食器と鍋などを拭いて仕舞うまでを日に3回きっちり行う動きが凄く良い運動になるんですから。

これを1週間やってパンツのボタンが閉まったんですもの、驚きますよね。とにかく台所をちょこまか動くのがカギ。新しい動きを日常生活に取り入れる、それを習慣にするってとっても大変でしょう?根気もエネルギーも要ります。台所仕事なら必然的にやりますし、やらなきゃならないので続けられます。

ここで大切なのは無理をしない事。心や体の調子が思わしくない時に無理矢理やろうとしても余計に疲れるだけなので、体調が良い時を狙ってします。私も心身の状態が良い時、日にやっていますのでね。極々普通の日常的な動作がダイエット効果に繋がると思えば、一見面倒な台所仕事も苦ではなくなります。





 

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村 

にほんブログ村 料理ブログ 減塩食へ
にほんブログ村



カテゴリ:
減塩を促す野菜については前にも述べましたが、新たに加えるものが出て来ました。塩分排出効果があるのは野菜だけに限らない事が分かったんです。それは海藻。具体的に挙げると、わかめや昆布など。乾燥わかめでも十分に効果が得られます。

こうしてみると、古来から日本人が食してきたものは身体に良い事が分かりますね。昔の人々が知っていて食べていたのかは定かではありませんが、先人の知恵は凄いものです。我が家では、トマトを切らしてしまった場合に乾燥わかめを水戻ししてサラダとして食べます。マヨネーズにわかめ、一見ミスマッチな組み合わせですけれど意外に美味しいです。





 

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村 

にほんブログ村 料理ブログ 減塩食へ
にほんブログ村



カテゴリ:
尿道結石になった人にはお馴染みの成分ですが、なった事が無い人には「何ぞや?」なのがシュウ酸です。シュウ酸とは『灰汁(アク)』の事を言います。灰の汁‥昔の人は上手い言い方をしたものですね。この灰の汁を多く食べ過ぎると人によっては尿道結石になってしまう厄介者。我が家も旦那様が尿道結石になる前はシュウ酸を多く含む食材を使った料理を作っていました。

人によって尿道結石は激痛を引き起こす病です。旦那様は幸いにも腰が痛くなる程度で済みました。実は現在でも旦那様の体内には結石があります。お医者様曰く「今直ぐ悪さをしない石」とかで食生活を注意していれば大丈夫らしいです。でも再発は避けたい‥それには尿道結石の元になるシュウ酸を摂らない事でしょう。

シュウ酸を含む食材は旦那様が元々大好きだったものが多く、当然ですが今は料理に使っていません。病を防止するには、原因となるものを摂らない事。一見するとシュウ酸を含む食材が食べられない事を残念に思う事でしょう。でも、のたうち回るような激痛を思えば多少の我慢は止むを得ませんよね。また、どうしても食べたい場合のレシピも別記事に紹介していますので、ご覧ください。









 

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村 

にほんブログ村 料理ブログ 減塩食へ
にほんブログ村



カテゴリ:
50歳を過ぎると同世代が集まる場所での会話がどうしても健康の事や病気に関係したものになります。

病気で通院&入院を経験すると尚更です。我が家では旦那様の尿道結石と入院手術以来、食事内容がガラリと変化しました。尿道結石には大敵の塩分過多とシュウ酸を含む食材については、やたらと詳しくなっています。二度と同じ事は繰り返すまいとネットで情報を集め、勉強するからです。管理栄養士や看護師さんには敵いませんけれど、それなりにね。

現在、我が家の食卓に並べる料理の味付けは基本、薄味です。しかし、それでも尿道結石の兆候‥‥腰が痛いと訴える旦那様に何とか塩分濃度を調節できる術は無いものかと頭を捻りました。塩分を体外へと排出してくれるもの、探してヒットしたのが以下の野菜です。

  • ブロッコリー
  • 水菜
  • セロリ
  • トマト

この中で手間が掛からず、美味しく食べられるのはトマト。夕食時に限ってですが、毎夕食にトマトをキャベツの千切りに添えて食卓に並べています。そのためか、旦那様が腰痛を訴えなくなりました。少しは効果があったようですね。塩分を摂り過ぎると思う時には試してみると良いですよ。







 

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村 

にほんブログ村 料理ブログ 減塩食へ
にほんブログ村



料理本とは違う我が家の肉じゃが

カテゴリ:
20190509_213651
肉じゃがを作りました。肉じゃがは、本来の味付けですと醤油と砂糖にみりんなどはソコソコの濃い目。甘辛い料理はどうしても砂糖と醤油がメインですし、濃くなりがちです。我が家の味付けですと醤油はほんのり味が付く程度に抑えています。それ以外は普通の肉じゃがを作るのと同じ。彩りに小ねぎでも散らしても良いですね。

料理本の通りに作ると味が濃くなってしまうので、あくまで参考例として見ます。我が家では味付けにひと手間を加えていて、例えば大さじ1だとしたら小さじ1にしたりして。出汁を利かせる事で塩味を抑えるようにしているのです。私は市販の粉末出汁を使っています。出汁にも塩分量がありますので、そこはバランスを考えますが。後は自分の舌で味の確認をしながらになりますね。濃い味付けは万病の元です。





 

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村 

にほんブログ村 料理ブログ 減塩食へ
にほんブログ村



カテゴリ:
私達夫婦は現在53歳、骨粗鬆症に気を付けなければならない年齢です。骨密度を上げ、骨を強くするにはカルシウムを積極的に摂るのが1番。乳製品なら牛乳とスキムミルクやチーズに飲むヨーグルトなどがあります。他にワカメにシラス、ちりめんジャコや小魚に乾燥桜海老もカルシウムが豊富です。

しかし、ただ食べるだけでは身になりません。食べて且つ、運動をしないと骨が強くならないのです。カルシウム豊富な食材を食事に取り入れて食べ、その後に体を動かして効率良く骨を強くします。人は足から衰える‥‥という言葉もあるように骨は、とても大切。サプリメントも良いと思いますが、できれば食事でカルシウムを摂る事を心掛けたいものですね。





 

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村 

にほんブログ村 料理ブログ 減塩食へ
にほんブログ村



大根は「おろし」て「何もかけず」が1番

カテゴリ:
20190225_213311
大根を使った料理で思いつくのは、おでんとブリ大根などです。我が家でも大根の煮物や炒め物が私も旦那様も大好きなのですが、大根の栄養素100%摂取するには難があるのだとか。煮込み料理では大根の栄養素が溶け出してしまうので、大根の栄養素を逃さず取り込むには「大根おろし」が1番なんですって。

我が家では大根おろしはサバ缶と一緒に食べますが、ポン酢やお醤油はかけません。そのまま食べます。一見すると味がなさそうで、つい味を足してしまいたくなる大根おろしです。でも、一口食べると、ほんのりとした甘みが感じられて美味。サバにも薄っすらと塩味がありますし、これ以上何か味を付けてしまうと逆に塩辛くなるんです。因みに大根おろしは汁まで全ていただきます。サバ缶も汁と一緒が基本。

これからは大根おろしが大活躍しそうです。前に大根おろし入りのスープを作りましたが、旦那様に大好評でした。お試しあれ。





 

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村 

にほんブログ村 料理ブログ 減塩食へ
にほんブログ村



皮と身の間に栄養がたっぷり

カテゴリ:
20190224_165522

20190218_223511
カレーを作る時、前はジャガイモと人参の皮を剥いていたんです。しかし、今は違いますね。ジャガイモも人参も皮付きのまま。根菜類は皮と身の間に栄養分が沢山詰まっていますので、皮を剥いてしまうと栄養分まで削ぎ落してしまうのだそう。もちろん、芽は取り除いてます。

今回、カレーを作る際に皮付きで作ったんです。そうしましたら‥‥いつもに比べて煮崩れしにくい気がします。我が家ではカレーを作る時は3日間分なんですね。皮を剥いていた時は初日で、もうジャガイモの形が無くなっていましたから。皮付きでは、ちゃんとジャガイモの身がルーに溶けずに残っていて、食べ応えもありました。

根菜類の皮を剥かずに料理するようになったものですから、ピーラーを使う頻度が劇的に減りましたね。調理時間も大幅に短縮できます。皮付きか、そうでないかで健康的な食事になるのなら皮を付けたままにするでしょう。





 

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村 

にほんブログ村 料理ブログ 減塩食へ
にほんブログ村



このページのトップヘ

見出し画像
×